品質管理を誇る海外拠点

~徹底した管理体制を誇る原料工場~

韓国・莞島(ワンド)の韓国太田食品はひじきの専門加工工場です。

海外工場には日本人常駐スタッフによる徹底した選定・品質管理を行っております。


韓国・莞島工場


グローバル基準の品質管理を実現した海産物生産拠点 韓国・莞島(ワンド)工場は、太田油脂グループ企業・韓国太田食品株式会社として平成16年(2005)に操業を開始しました。
太田油脂で培った品質管理・工程管理を基本に、韓国南部で採取した新鮮なヒジキ原藻を現地で一貫管理した加工を行う、トレーサビリティーに対応した私たちの海外での第二の海産物加工拠点です。また、その他の海藻類も取り扱い生産しております。

 

「輸出の塔」受賞

韓国太田食品(株)は、第50回「貿易の日」記念式典にて、韓国貿易強化が選出する輸出貢献企業賞「輸出の塔」を受賞しました。
韓国太田食品(株)は今後、中期経営計画【アルム計画】を遂行し、さらなる輸出塔が受賞できることを目指し、取り組んでおります。

作業工程

知ってほしい!莞島(ワンド)の海

莞島(Wan-do/ワンド)をご存じですか?
莞島(ワンド)は、韓国の南西端に位置する島で、海産物類の養殖が盛んなところ。ひじきの成長に最適な水温(13~15度)の時期が長いため、ひじきが養殖が行われています。

韓国太田食品では、そのミネラルたっぷりの良質なひじきを日本向けに加工・出荷しています。
韓国ではひじきは基本的に食べられていませんが、一部で生のまま調理され食べられています。


中国・大連工場


中国・大連工場 太田油脂1号の海外生産拠点 中国・大連工場は、太田油脂グループ企業・大連太田食品有限公司として平成13年(2001)に操業を開始した初の海外生産拠点です。
現在、その地の利を活かした、中国大陸における新たな海産物ビジネス、そして油脂ビジネスを展開しています。

 

異物除去に特化した設備

大きさをそろえる。フルイ選別。多くの目による選別で異物除去に特化しています。