美容と健康

~海藻のパワーをご紹介します~

海藻は、「sea vegitable(海の野菜)」と言われる程、栄養豊富でしかも低カロリー、日本人にはなじみ深い食材ですが、海外ではほとんどが食用にせず、海に増殖する害藻として扱われてきました。しかし、最近では欧米でもヘルシー志向が高まり、日本食への関心が高まっています。中でも、海藻に含まれる豊富な栄養素に注目が集まっており、食用のみでなく、化粧品やシャンプーなど美容用品としても海藻が使用されています。

「生活習慣病」「健康増進」「美容」「ダイエット」と様々な効果が期待できる海藻のパワーをご紹介します。


生活習慣病予防・健康増進

最近は食生活の欧米化により生活習慣病にかかる人が増加してきています。生活習慣病とは、日々の食生活が積み重なり引き起こされる病気のことで、日本人の死亡原因の6割と言われています。食生活を規則正しく、バランス良く食べることで予防はできます。

海藻で生活習慣病予防

海藻には水溶性食物繊維が豊富に含まれており、血糖値の上昇を抑えることから、糖尿病の予防と改善に期待ができます。ひじきにはカルシウムが100gあたり1400mgと多く含まれており、骨粗しょう症予防にも効果的です。

高血圧予防としてカリウムの摂取は必要不可欠です。海藻の代表わかめには、カリウムが100g中730mgも入ってます。塩分を取りすぎないよう、サラダや酢の物がおすすめ。

このように食生活に海藻を上手に取り入れることで様々な生活習慣病の予防や健康増進に効果あり!

美容・ダイエット

「美容やダイエットに海藻が良い」と言うのは皆さんご存知だと思いますが、「何がどのように良いのか?」知ってますか?
海藻には、ビタミン類、ミネラル、カルシウム、鉄、たんぱく質、食物繊維…など豊富に含まれており、しかも低カロリー!と嬉しいことばかりです。

美肌づくりは体内から

最近では基礎化粧品やシャンプーなどに海藻エキスを配合したものをよく見かけます。しかし、毎日の食事によって体の中からキレイにすることが最も重要で、簡単です。
海藻には肌をキレイに保つビタミン類が含まれており、ビタミンA、B2は皮膚や粘膜の細胞を健康にし、さらにビタミンCは肌の白さを保ち、シミやそばかすを防ぐ効果もあります。また海藻にはフロロタンニン(海藻タンニン)と呼ばれる酸化抵抗作用をもった成分も含まれており、日焼けの原因の紫外線を吸収する働きがあります。
「毎日続けること」で体の中から美しく、健やかな肌を育てます。

貯めない!体づくり

海藻はカロリーが少ないからダイエットに適していると思われがちですが、「食べたものを体に貯めない」がダイエットを成功させる秘訣です。海藻に含まれる水溶性食物繊維は胃の中で水分を吸収、膨張するため満腹感があり、不必要な成分を取り込み大腸へ運ばれ、適度な柔らかさの状態を保ちながら、排泄されます。
また海藻の表面のぬるぬるした部分には、フコイダンと言われる脂質の吸収を抑えて体外に排出する効果持っており、褐藻類に含まれる茶色の色素には、脂肪の蓄積を抑えてエネルギーとして燃焼されるのを促すフコキサンチンが含まれています。
無理な食事制限で痩せるのではなく、バランス良く食べて排泄するサイクルを身につければ、ダイエットは成功します。